教会スラヴ語訳旧約・新約聖書

Ozon から注文した古書が届いた。«Библія, сирѣчь книги Священнаго Писанія Ветхаго и Новаго Завѣта на церковнославянскомъ языкѣ съ параллельными мѣстами, СПб.: Синод. типогр., 1900»— 教会スラヴ語訳旧約・新約聖書,Сѷнодальнаѧ Тѷпографїѧ シノダーリナヤ・ティポグラーフィヤ(ロシア宗務院印刷所)による 1900 年刊行本の復刻版(Российское Библейское Общество, М. 2005. ロシア聖書協会,モスクワ,2005 年刊)である。教会スラヴ語関連の学術文献目録の筆頭にしるされるべき権威ある版である。長らく探し回ってやっとの思いで手に入れた古書。768.6 ルーブリ,日本円にして 約 2,400 円也。

正教会の八端十字架がカバーに押されている。クラシックな教会スラヴ語文字による二段組み。総 1,660 頁のノンブルはすべて教会スラヴ語の数様式で振られている(アラビア数字のない教会スラヴ語文献では,例えば 2009 を "oldchurchslavonic numeric style 2009" と表現する。ローマ数字で 2009 を "MMIX" と表現するのと同様である)。惚れ惚れしてしまう美しい版である。洋書は紙質に対しておよそ拘りがないけれども,本書には,日本の辞書で用いられるような薄く,かつ勁い上製紙が用いられている。装丁も皮装で立派である。聖書だけは別格らしい。私の所有している現代ロシア語訳新約聖書,ギリシア語コイネー原典新約聖書も,同じ上製紙が使われていた。

20091205-ocs_biblija_cover.png
教会スラヴ語訳聖書・カバー

教会スラヴ語訳聖書・扉

教会スラヴ語訳旧約・新約聖書は,本国ロシアの Ozon でも本当にめったに売りに出ないので,私は今回の掘り出し物が嬉しくて堪らない。入手してすぐ,奥村先生著『改訂第4版 LaTeX2e 美文書作成入門』の多言語の章において Babel 組版例にあげられている『ヨハネ福音書』の冒頭(J 章, p. 357)に相当する本文を,この教会スラヴ語訳聖書からの引用により,拙作教会スラヴ語 LaTeX パッケージ OldSlav で組んでみた。節番号が教会スラヴ語様式でしるされている。引照(聖書中の語句のクロスリファレンス)が付加されているが,これは省略した。

ヨハネ福音書冒頭LaTeX組版
ヨハネ福音書 1.1-1.15 教会スラヴ語訳 LaTeX 組版
ヨハネ福音書冒頭(書籍の該当部分)
ヨハネ福音書 1.1-冒頭部 教会スラヴ語訳 書籍の該当部分(節番号付)

LaTeX 原稿は以下のとおり。これは OldSlav SlavTeX オリジナル記法でコーディングしているので,このままではコンパイルできず,拙作 Utf82TeX で変換する必要がある。ulatex evangelie_ioanna.tex でコンパイル,PDF 生成を行った。いちおう,LaTeX ファイル: evangelie_ioanna.tex組版結果 pdf: evangelie_ioanna.pdf もリンクしておく。

% -*- coding: utf-8; -*-
% ヨハネ福音書より 1.1--1.10
% ЕѴА'НГЕЛїЕ Ѿ ІѠА'ННА.
%                2009 (c) isao yasuda, All Rights Reserved.
\documentclass[11pt,b5paper]{jsarticle}
\usepackage[dvips]{color}
\usepackage[T2A,T1]{fontenc}
\usepackage[oldchurchslavonic]{babel}
\pagestyle{empty}
\renewcommand{\baselinestretch}{0,8}
\begin{document}
\selectlanguage{oldchurchslavonic}%
\parindent=0pt\relax%
%<utf82tex_s>
\begin{minipage}[t]{70mm}%
  \hfil{\color{red}^ЕV'АНГЕЛIЕ Q ^IW'АННА.}\hfil\par
  \vspace{0.5em}%
  Въ нач'алэ б`э сл'ово, ^и сл'ово б`э къ б_гу, ^и б_гъ б`э сл'ово.
  С'ей б`э ^искон`и къ б_гу:
  вс^я т'эмъ б'ыша, ^и без\ъ нег`w ничт'оже б'ысть, "eже б'ысть.
  Въ т'омъ жив'отъ б`э, ^и жив'отъ б`э св'этъ челов'экwмъ:
  ^и св'этъ во тм`э св'этится, ^и тм`а >eг`w не >wб\ъ'ятъ.
  Б'ысть челов'экъ п'осланъ q б_га, "имя >eм`у ^iw'аннъ:
  с'ей прi'иде во свид'этелство, да свид'этелствуетъ ^w св'этэ, 
  да вс`и в'эру "имутъ >eм`у.
  Не б`э т'ой св'этъ, но да свид'этелствуетъ ^w св'етэ:
  б`э св'этъ "истинный, "иже просвэщ'аетъ вс'якаго челов'эка 
  гряд'ущаго въ м'iръ:
  въ м'iрэ б`э, ^и м'iръ т'эмъ б'ысть, ^и м'iръ >eг`w не позн`а:
%</utf82tex_s>
\end{minipage}
\end{document}